早漏は心理の調節を重視します

早漏は比較的によくある1種の男性の疾病、多くの男性の友達はすべてこのような悩みがあります。男性は早漏、恐ろしいのは治療を受けないという専門家だと指摘している。でもちょっと男性早漏が治療を治療してから、ずっと、どうしたんですか?

早漏の心理

1、自分の体を心配しないで

多くの若者が早漏は疑って自分の腎臓のびくびくするので、あちこち購入各種早漏スプレー、江湖游医嘘をついて、結果がいつも補って鼻出血、歯ぐきが腫れて、“のぼせ”現象。実は大多数の若者は何も「虚」、進むことに補う必要がない、て進むことに補うも、中医師の指導のもとに。

2、早漏がインポテンツに発展することを心配することを心配してインポテンツになります

専門家によると、早漏の男性はとても気をもむかどうかはさらに発展してインポテンツ、甚だしきに至っては性生活を回避することを始めて、毎回の性生活の時も心配しないか早漏、これらの心理的負担はちょうど、早漏の主要な要素。

3、自分の性能力を心配しないでください。

専門家によると、早漏妻の性の要求を満足しないので、早漏の紳士の感じはとてもご時世、もし連続何度早漏、多くの男性が自分の性の能力から心配して。この心配性生活の影響は大きく、常に精神性インポテンツにつながるという心配が。

4、多くの妻と交流することが必要です

専門家は、性生活は夫婦2人の間のことで、もしあなたが早漏、あなたの妻はあなたの最も良い医者、彼女が一番わかってもあなたを助けて、肝心な点はあなたの適時にとあなたの妻は交流して、彼女にあなたを理解の境遇と感じて、共同で検討し問題を解決する方法。夫婦間マッサージで早漏の治療方法は非常に効果的です。

ヒント:早漏実は別に恥ずかしいことで、男性の友達過度に心配して、自分の妻と交流し、自分の体のこと心配しすぎないで、積極的に治療を行い、信じてすぐ健康を回復する。

男性早漏の因子分析

射精したことがあり早く男性であると言うことができる最もありふれた性機能問題は、男性一生中は射精したことのある速い遭遇を経験したことがなくなくて、少しの人かつ長期のものは早漏のため憂慮と具合が悪い。しかし射精したことがあるかどうか討論することになって速くて、多人数の男性は自分で性交時間を随意的に制御することができなく早漏を自分で得たか確認すると感じます。事実上、いままで医学は早漏にまだ1個の適確の定義がなくて、男性は性交時間と性生活によって品質的に気に入らなくてそれで当然自分で早漏を得たことと考えて、少しの人が一時に過ぎなく能力不足を制御することに加えます。だから、応えない早漏と言いなすことは多人数の男性のところのすごくある性機能疾病です。

男性によって欠乏して随意で射精を調節して能力的に、希望獲得する性的愉悦は早漏と人々に達することができないことに至るまで。しかし早漏問題上に、究竟は、どのくらい、“朝”としますか?人々はまた時間範囲を相対的に丸をつけて決めなければいけないです。専門家は考えて、壮年健康な男子は、同じに性交の2-6の分別する時は射精して正常です。しかし、男性たちの性交は能力を制御して確かに有限で、これはまったく疑いをさしはさんだ事実を許しません。

早漏問題の複雑性はまだ性交時間長短に多くの要素と関係があります。性交して時間長短性交環境と関係があって、仮に毎回性交した速さにいるときで同一の個人であり同様に違っています。初婚性生活は、婚後の久しぶりに再会することあるいは禁欲して長時間の後よりの性生活に、男性の方興奮によって過度で、よく一触即発で、時間は暫くすると有限で、一時の早漏は再びありふれた。射精速度の速さはまだ性交と体位、陰茎がけいれんする幅、速度と強度および、女の側の性的反応は全て直接関係があります。女性興奮のせわしい動き、さまざまな媚態、差し出しの刺激のうめき声はあるいは突然わざと収縮する腟は、男性の方性的刺激に明らかに激化する時は、性交時間を引き起こすことは大いに短縮して、これは全て男性早漏と見なすことができない。

当然で、性交エージは主に年、体質強弱、性生活と経験して、性的経験などは関連します;人々の性的観念、当時の気分、夫妻双方感情などの要素と同様に分別し始めることができない。だから、必要なことがすぐ旱の洩を引き起こす原因は追跡します。

早漏の基礎知識

早漏だ、早漏だ、と思って悩んでいる男性は意外に多く、早漏だと考え過ぎてしまい、ひどくなると男性であるということに対して自信を喪失してしまい女性との接触を避けてしまうようになってしまうようです。

一般的に男性というのは、見た目よりもはるかに傷つきやすく、立ち直るのもあまり上手ではない方が多いのであまり早漏だと考えすぎてしまうことは、何よりも避けないといけませんね。

ところで、早漏とはそもそも一体どんな状態のことを指すのでしょうか。

早漏(そうろう)とは、ただでさえ基準があいまいな言葉なので、ここで早漏の定義をしっかり正しく理解しておきましょう。早漏というのは、男性が性交時に早く絶頂に達してしまうことを言います。

これはあくまでも一般的な認識ですが、決して間違ってはいませんね。

早漏(そうろう)とは「早く漏れる」と書きますから、自分の意思とは関係なく、あまりにも早すぎるタイミングで射精してしまうということです。先ほども書きましたが、あくまで一般的な認識ですので自分自身で深く考えすぎてしまうのはやめましょうね。

もし、あなたが『早漏かも』『自信が持てない』と悩んでいるようでしたら、当サイトで基本的な知識を頭に入れたあとで、一度思い切って専門の病院などに相談してみるのも一つの早漏解消の方法です。

早漏の定義と早漏克服対策

早漏とは性関係時に、男性が射精したいと思う前に、いち早く射精に至ってしまうことです。早漏は早く射精することではありますが、問題なのは時間ではなく、自分で射精のコントロールがうまくできないという点にもあります。また、完全に挿入する前であったり、膣内に挿入した直後に射精してしまう場合もあります。

「男性の50%以上が自分自身を早漏であると考えている」と、早漏で悩む男性は意外と多いのですが、少しでも早漏を疑っている人は、注意していないと情報に惑わされて、すっかり自分を早漏だと思い込んでしまいます。

ところが、早漏の定義は明確に定まっているものではありません。「時間や回数は関係なく、射精をコントロールできない状態である」、「膣内に挿入後1~2分以内の射精、または挿入前に射精する」、「パートナーがオーガズムに達する前に射精する」、「性交時のピストン運動が10回以内である」等、早漏の基準がいろいろとあるのです。

しかし、元々動物のオスは外敵から身を守りながらの行為ですから、早漏も当然です。人間だけが早漏で悩むのは、性行為が快楽の一つでもあるため、相手が充分な満足感を感じないと問題になるからです。逆に言えば、もしパートナー側に特に不満がないのであれば、早漏に何も気にすることはないのです。

早漏の克服法としては、セマンズ法というのがあります。この方法を行うことで、比較的短期間で射精をコントロールできるようになるそうです。まずパートナーに用手的に陰茎を刺激してもらい射精に達しそうになったら、刺激を中止させます。射精感が弱まったところで刺激を再開させ、同様に射精に達しそうになったら刺激を中止させます。これを4回くり返し、4回目で射精します。

以上が何度か上手くいくようになったら、いよいよ性交で女性上位でペニスを腟内に挿入しオーガズムに達しそうになるまでパートナーを上下に動かし、そしてオーガズムに達しそうになったらパートナーの動きを止め、射精感が弱まったら再び始めます。4回目に腰を動かして射精します。女性上位で上手くいくようになったら、次には側臥位で同様のことをくり返し、男性上位は最後に行うようにします。

この早漏克服法は根本的な治療ではないです。また、女性は性的な満足を得ることが困難なのでパートナーの協力と理解が必要です。一時的なものであれば早漏防止スプレーと言う手もありますので一度考えてみてはいかがでしょうか?

男性の体に早漏防止スイッチは存在する?

早漏防止スイッチの存在をご存知ですか?以前より早漏防止には精神的な部分が影響することは分かっていますが、その脳と身体を繋ぐスイッチの存在をすることによって早漏は防止できるのです。

そのスイッチの存在を知っただけで早漏防止が可能となり、彼女とのセックスライフが飛躍的に向上したと言う人が後を立たないようです。

その早漏防止スイッチを覚えるとピストン→射精寸前→スイッチオン→射精感の麻痺→またピストンと、この繰り返しで20分は間違いなく持つそうです。

そんな早漏防止スイッチの存在知ってるなら教えてよ!と思うでしょう。そんなテキストが販売されているようですね。

自らが早漏防止スイッチの存在を確認し、仲間数人とも検証をした結果、早漏防止スプレーなどに頼らなくとも早漏防止が可能になったようです。

買ってしまって、なるほどと思うか、な~んだと思うかは本人次第だと思いますが、興味がある方は買ってみてはいかがでしょうか。

滋養強壮、疲労回復に良いとされて人参

人参は、ウコギ科オタネニンジンを蒸して乾燥させたもので、『神農本草経』の上品に収載され、古来からもっとも珍重されている補薬です。その根が人の形に似ているため、その名がついたといわれています。人参は、気を補い、消化機能を高め、滋養強壮、疲労回復に良いとされています。

人参は古くから渡来していましたが江戸時代、八代将軍の吉宗が、清国から取り寄せた人参の種を日光山の村落で栽培させ、その後、御薬園で本格的に栽培されました。その種子を各藩に配り、栽培させたことから、御種人参と呼ばれるようになったそうです。

人参の味は甘く、温める作用の薬です。甘いものは一般に「補う」働きがあり、人参も補剤として利用されます。気を補い、血を益し、陰を滋し、津を生じ、虚証を治す要薬といわれています。神経反射能力の増強、性機能の増強、強心、血糖降下作用などがあり、抗疲労、強壮、強精、強心、食欲不振などに広く使用されています。

漢方処方では、オタネ人参の代わりに竹節人参(ちくせつにんじん)が使われることがあります。竹節人参とはトチバ人参の根茎であり、オタネ人参とは薬効も多少異なります。竹節人参は、オタネ人参に比べると温める作用は弱いため、炎症など有熱性の疾患には、こちらの竹節人参が用いられることがあります。

また人参は滋養強壮、疲労回復の効果以外にも、ガン、のぼせ、便秘に効果があると言われてます。食用となる人参の根の部分には、ガン予防に効果的とされるベータカロチンが豊富に含まれています。

漢方で滋養強壮を!!

漢方では、私たちの体は「先天の気」と、「後天(こうてん)の気」の2つの要素によって、健康の強さが決められると考えます。先天の気とは、親からもらった遺伝的な体質で、後天の気とは、毎日、食べ物や飲み物、生薬などで摂る栄養のこと。ですから、生まれつき体の弱い人でも、食事に気を配ることで、丈夫に成長することができるのです。逆に丈夫な体質の人でも、不摂生を続けたら健康を維持できません。

■滋養強壮ってどんな意味?

皆さんは「慈愛(じあい)」という言葉をご存じですね。慈愛とは愛をしみ込ませること。同様に「滋養」とは、「体に養分(栄養分)をしみ込ませる」ことを意味します。「強壮」は精力を含め、「体を強く、元気にする」という意味。つまり、滋養強壮とは、先天の気である体質の弱い部分を栄養分で補い、体質を改善して強い体をつくることをいいます。

■どんなとき、滋養強壮が必要になるの?

漢方では古くから滋養強壮は、体質の改善にも広く用いられてきました。とくに乳幼児期の虚弱体質に滋養強壮の漢方薬は有効とされています。

乳幼児期に滋養強壮を施し、呼吸器系など体の弱い部分を補うことは、体質改善に大きな効果があります。

大人の厄年である女性の33歳、男性の42歳前後は、健康のいわば「中間決算期」にあたり、どんな人でも体の弱いところが出やすい時期です。自分の弱いところをよく知って、丈夫な人も日ごろの健康管理を省みて滋養強壮を施すことが大切です。

■滋養強壮は体質改善以外の効用は?

滋養強壮は体質改善に加え、次のようなときに必要とされています。

● 仕事や運動などによる過労。

● 疲れていても、がんばらなければならないとき。

● 病気で体力がないとき。

● 病気の回復期。

● 食欲がなく、食事で栄養が摂れないとき。

これらの生薬を主薬に、腸の機能を高める生薬や血行をよくする生薬などを組み合わせて作ります。また、漢方薬を主体にして、糖質、脂質、タンパク質の代謝を促進するビタミンB2、B6や、スタミナ増強に効果のあるタウリンなどを配合したドリンク剤もあります。

■滋養強壮作用のある漢方薬

漢方薬名 効用補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 胃腸系、呼吸器系を補い、気力を増す。十全大補湯(じゅうぜんだいほとう) 体を温め、血行をよくし、体力、気力をつける。鹿茸大補湯(ろくじょうだいほとう) 強精剤の名方(めいほう)として有名。体力、精力を補う。

人参養栄湯(にんじんようえいとう) 貧血や動悸、食欲不振に効く。疲れやすい人に。 小建中湯(しょうけんちゅうとう) 胃腸を立て直し、精力をつける。

八味丸(はちみがん) 腎臓と生殖機能を高める。天王補心丹(てんおうほしんたん) 精神、神経を補い、精力をつける。

■病気の回復にも効果があるの?

病気の回復には、病気の原因を除くとともに、栄養をつけて病気と立ち向かう体力をつけることが非常に大切です。滋養強壮作用のある漢方薬やドリンク剤は点滴と同じように、栄養を補給して体力をつける効果がありますから、病気の回復期に飲むととても効果的です。とくに、かぜなど、発熱性や消耗性の病気で食欲がないときにおすすめ。ただし、滋養強壮作用のある薬だけでなく、それぞれの病気を治療する薬と併用するようにしましょう。

■滋養強壮作用のある薬はいつ飲むと効果的?

ほとんどの薬はいつ飲んでも大丈夫。空腹時に飲んでも、胃を荒らす心配はありません。もっとも効果が高いのが、「これからがんばるぞ!」という30分から1時間前に飲むこと。生薬の成分を体が吸収するのに、そのくらいの時間がかかるからです。

「疲れたな」と感じてから飲むのも、もちろん効果はありますが、カフェインを含んでいるドリンク剤を寝る前に飲むと、眠れなくなることがありますから、注意してください。効果的な飲み方を教えてください。

薬は水で飲むより、お湯に溶いて飲むと吸収が早まります。ドリンク剤の場合も、1対1のお湯割りで飲むことをおすすめします。お湯は飲みやすい適当な温度でかまいません。

夜間ペニス勃起現象で、勃起不全度チェック!

夜間ペニス勃起現象とは、俗に言う「朝立ち」の事。寝ている本人は全く気がつかないのですが、実は寝ている間にも勃起を繰り返しているのです。

睡眠には 「レム睡眠」 と 「ノンレム睡眠」 の二つのパターンがありますが、夢を見ている時は 「レム睡眠」。この時、脳の一部分が活動をするので、反射的に男性器が勃起をするのです。

つまり寝ている間も、勃起をしたり、元の状態に戻ったりを繰り返しているので、夜間ペニス勃起現象が表れるのなら、勃起不全ではないという事になります。

夜間ペニス勃起現象をチェックする場合には1円切手を使用します。これは実際に勃起不全かどうか病院で検査をするときに行っていた方法です。まず寝る前に、ミシン目がつながった状態のまま、切手をペニスにぐるっと貼り付けます。そしてそのままお休みします。

誰かに一晩中観察してもらうのも良いのですが、それでは観察する側が大変ですから 切手だけあれば自分ひとりでチェックできますよね。

また、朝起きた時にミシン目が切れた状態になっていれば夜間ペニス勃起現象があったと言う証拠になりますから、肝心な時に勃起をしないのは勃起不全ではなく、精神的ダメージなどによる原因が考えられます。

精神的疲労等が蓄積してしまうと、精力が衰えるだけではなく、性欲そのものも衰え、状態が悪くなる一方です。 元気がないと思ったら、適度に息抜きをする、ストレスを溜めない工夫をしてみると良いでしょう。

勃起不全の治療と改善方法

勃起不全とは、性交時に十分な勃起が得られないため、満足な性交が行われない状態と定義されています。現在、日本人男性(40~70歳)の半分以上の方が、何らかの理由により勃起不全で悩んでいるといわれています。

①まずストレスや疲労の改善を。動脈硬化につながる、高血圧、高脂血症(コレステロール値や中性脂肪値が高い)、高血糖、肥満などの症状、いわゆるメタボリックシンドロームの改善も必要です。タバコは血行を悪くしますので、禁煙をしてください。

②バイアグラなどの良い治療薬もあり、医療機関で治療を受けると、半年ほどで、多くは治るそうです。

③治療までは必要ないが、勃起の維持など改善が必要だと感じている方にはサプリメントも、役立つかもしれません。

④亜鉛はセックスミネラルの異名があり、ビタミンEとともに精子の産生を高めます。セレンは精子の材料で運動性を高めます。

⑤ハーブのマカも天然のバイアグラといわれ、 勃起不全 の他、疲労回復などに効果があるといわれています。イチョウ葉も血行を改善するハーブです。

⑥アミノ酸のシリマリンが勃起を促すことが報告されています。シリマリンは体内でアルギニン、オルニチンと変化するアミノ酸で、アルギニンも自然のバイアグラとも呼ばれ、陰茎への血流量を増やします。性交の30分前に摂取する必要があります。ただし効果に個人差があるといわれます。

精力剤服用と精力増強の体験談

この精力剤を知るまでのココ1年は、3ヶ月に1回程度しかしていませんでした。アソコの硬さがすっかりなくなってしまい、挿入するのに時間がかかってしまって・・・。妻の不機嫌な顔が心にしみて、なかなかその気になりませんでした。たまに妻から誘ってきますが「今日は疲れているから・・・」と断ることが多くなっていました。

しかし、精力剤を飲んでからはいつでもOK!おかげで家に帰るのが楽しみになりました。今では週1回は必ずやってます。最近妻が始めてイッタそうです。

自分では、気持ちは若いつもりでいたのですが、たびたび中折れになり相手に罵られる体たらく。友人に勧められてこの精力剤を買いましたが、飲んでみると本当にすごい。今までと比較にならない位いに硬くなって、それがずっと持続、時には三回連続でもOK!今では、彼女も一回では許してくれなくなり、こちらも嬉しい悲鳴。お陰で気持ちもすっかり若返りました。

■男の自信を取り戻せました!!

硬くならなくなってから3年ぐらいでしょうか、最近は月に1回と決めてある「奉仕活動」が苦痛で苦痛で仕方なかったのです。相手を満足させられない自分が情けないやら恥かしいやらで、決まった日の帰りの電車が本当にいやでした。更に、早漏なのも合わさって妻にはののしられる始末です。もう、死にたいとまで考えるようになっていました。そんなときこの精力剤の事を知って迷わず注文しました。妻には内緒で食べ始めた翌日、その日は約束の日では無かったのですが5年ぶりに私から求めました。結果は大成功 !! 次の日の晩ご飯は久しぶりに「すき焼き」でした。今では妻も優しくなって今は家庭円満。なぜか、仕事も順調に進むようになって男の自信を取り戻しました。本当にありがとうございます。

●5年ぶりに味わう悦楽! 奇跡の復活に人生もバラ色

もう5年も夜の営みがなく男としての人生も終わりかとあきらめていました。「アッチにも効くけど血圧にも良いから」と年上の友人に教わり精力剤を飲みはじめましたが、今では頑張れば2回戦も可能になりました。女房も10年ぶりの快感だと大喜びですし、外では知り合った女性も勃起時の大きさと硬さに歓喜しています。お陰で人生がまた楽しくなりました。

●変化が無いように見えるけど、いざとなればギンギン!!

この間まで使っていた精力剤が業者間のトラブルとかで市場から姿を消して困っていたんだ。そんな時にインターネット掲示板の書き込みを見てこの精力剤を手に入れたんだけど、最初は「本当効果があるのか~?」ってちょっと心配。だって飲んでから30分経っても身体に全く変化が現れない。バイア

●ラみたいに火照る感じも何もないからね。でも、やり始めたらアソコがギンギンになったのにはビックリ!!。蟻力神みたいに目がチカチカしたりしないし、これからはコレ(精力剤)だね。

●年三回ほどだったのが今は週二でも不満なほどに!!

精力剤を飲んですぐには何の変化もなかったので「本当に効き目があるのか」と心配しました。しかし、いざその場になると凄い勢いで勃起していたのには感激です。今では年三回がやっとの営みでしたが、最近は週二でももの足りないぐらい。すっかり自信がつき、女性ばかりでなく対人関係にも余裕が持てるようになり仕事も好調です。

●一時的に効く薬と違い、体の中から若返り、今では絶倫気分

精力剤を飲んだときには目立った変化がないようですが、その気になった途端にガンガン立つのには驚きました。有名な化学系精力剤(バイア●ラ)の一時的で不自然な硬さと違い、体の奥から精力が集まって勃起しているよう。快感もまったく自然で、疲れて逃げ腰だった夜の生活に今や自信満々。バイアグラの「あの頭痛」に悩まされる心配もないので、安心できる点も◎。もう手放せませんね

●彼女の歓び方が違う!! 男として最高の気分です

女盛りの彼女は、夜テレビを見ていると必ず寄ってくるのでタジタジだったのですが、精力剤のおかげで形勢逆転。持続力、勃起力とも前とは大違い。一時間後には彼女に涙ながらに「もう勘弁して」と言わせるほどに。そのくせ次の日もまたせがんできます。彼女の歓びの反応も前とは違うので男としては最高の気分です。